春瀬工藝スタッフブログ
スズキジムニー車中泊・小鮎釣りのアイテムをお届けする春瀬工藝のブログです。
天竜川水系へ14日、17日...そして今日19日と3連続の鮎エサ釣り
鮎エサ釣り  今回の釣行は。

天竜川水系へ14日、17日...そして今日19日と3連続で行くことができました。

多少は強行かなと思えましたが

    ”なんの・・・なんの” 最高の数日でした。


    今回の釣行は、13日の下見からスタートしました。
    天竜川水系、そろそろの時期が来た予感!
    思ったら行動です。


その時の河川です。
CIMG2282_convert_20160919191502.jpg



    そして19日、本日の釣行は。
    今シーズンの6月のこと、「はままつ方式 新仕掛け」の開発途上の試し釣りに
    ご協力をいただき、琵琶湖湖畔で一緒に釣りをした岐阜県のお客様。
    もちろん「はままつ方式」のファンでいてくださいます。
    氏が、遠方から天竜川水域まで足を運んでいただいたことで決まった釣りです。
    
CIMG2154_convert_20160919164531.jpg

    琵琶湖の湖畔でこあゆ釣りを楽しんだ時の様子です。
CIMG2169_convert_20160919164551.jpg

    台風16号の影響でしょうか。
    現地、昨夜に激雨だったとのこと増水、激流で川に一歩入っただけで
    足をとられそうでした。


<こちらが天竜川水系河川一昨日の様子です>
CIMG2316_convert_20160919164724.jpg
  

     激流のなか、少ないポイントを見つけ
     5.40mの竿を振る...氏。
     今日ほど竿の長さが足りないと思ったこことはなかったです。
     二人とも、6.30mあれば嘆き
     言っても仕方のない「ぼやき」でした。


  その厳しい条件の中でしたが
  さすがに友釣りでも名人級の腕前は大したものでした。
  きっちりと釣果を残しました。

  まずまずのサイズをゲット 
CIMG2299_convert_20160919164642.jpg

  
  本日の釣り、数は少なかったけど手ごたえある鮎もゲットされました。。

  午後、1時半を過ぎたころ、ポツポツと空から落ちてきました。
  15分ほどでバケツをひっくり返したような雨。
  一瞬の出来事でした。

IMG_9490_convert_20160919164619.jpg

  その時点で竿を急いでしまい、、、今日の釣りを終了。
  お疲れさまでした。

  3蓮ちゃんになった「鮎エサ釣り釣行」
  最高の一週間でした。

  釣行に同行して下さった「はままつ方式」がきっかけで知り合うことができた
  鮎エサ釣りが大好きな皆さんにお礼、お陰、感謝です。

  ありがとうございました。



春瀬工藝鮎エサ釣り釣行記      天竜川水域編



haruse春瀬ロゴ_convert_20160504121854


9月17日(土)、天竜川水系から鮎エサ釣り 速報
本日の速報 

個人の釣果です。
まずまずのサイズがでました。
IMG_9478_convert_20160917170856.jpg

26cmクラスも釣れました。

IMG_9476_convert_20160917171038.jpg

この鮎は上から落ちてきた鮎じゃない

下にいた鮎ですね。

真っ白っです。

驚くほどの引きの強さ.....白い鮎は勢いが違う。

「はままつ方式仕掛け」の究極...琵琶湖と同じ仕掛けですよ!!





春瀬工藝鮎エサ釣り釣行記      天竜川水系編



haruse春瀬ロゴ_convert_20160620113916



天竜川水域での「秋鮎エサ釣り」、今日の夜明けから竿を出しました
浜松地域の天気ですが、
やはり、ここのところすっきりしない日が続いています。

おどろくほどの激しい雨が降ったりと思えばって....
昨日から天竜川は増水濁流に変わってしまいましたが!

それでも

鮎エサ釣りの本格的なシーズン到来です。

今日、狙ってた河川に行きました。
夜明けから竿を出し、釣果は...大きいので22cmってところでした。
まずまずの日になりました。

  流れの強い河川での独特の釣り感でしょうか・・・
     鮎が喰ったときの竿のしなりは半端じゃないですよ・・・
        この引き、それを延べ竿で味わせてくれるのが今のシーズンの鮎ですね・・・。

あゆ写真1_convert_20160915145029

ここでの釣りは、一般的に5.40~6.30mの竿をつかいます。

本日は、5.40mの竿を使用しました。

2時間半で「こませ」一袋がなくなるくらいの手返しです。

振っては流し、流しては振るの繰り返しです。

喰いは朝方が良かったかな!

8時を過ぎた頃からは、かなり厳しくなりアタリが遠くなっていきました。



今の釣り。
やはり、釣れるポイントは限られるような気がします。
そのポイントに入ることが出来るかってことも重要ですね。

教訓
「一匹で良い...跳ねてる鮎の場所探しからです」
あゆ写真2_convert_20160915145044



山奥です。

曇り空ですし、大きな鮎を狙うには絶好機の日和でしたが?

  ”今日の感想”

   ちょっと、まだ早いかなって....もう一雨でチャンスが到来の予感。
CIMG2286_convert_20160915163010.jpg



河川です。          
CIMG2292_convert_20160915163035.jpg

まあ、始まったばかりの天竜川水域の鮎エサ釣りですから

仕方ないと言えば仕方ないかです。



春瀬工藝鮎エサ釣り釣行記        天竜川支流編



haruse春瀬ロゴ_convert_20160504121854





浜松地域、今朝がたの強雨で天竜川が濁流に
浜松市、今朝がた強烈な雨の音で目が覚めました。

時計を見たら・・・5:00頃です。
     えっと思うような強い雨音でした。
     いつから降りだしたかは判りませんが朝方にはやみました。


とにかく川を見てこようと思って気田川方面を見に行きました。

徐々にと上から濁りが・・・。
      こんな色になり、やがて本流は泥濁りに・・・。
IMG_0339_convert_20160922091226.jpg


天竜川鹿島橋から下は真っ茶色の濁りになりました。

どうなってしまうんだう?


鮎エサ釣り...これからって時に。

気田川へ注ぐ支流の出口付近の明日は澄んでしまうと思います。

ただ、釣り人が集中してしまうのが??



春瀬工藝鮎エサ釣り釣行記      今日の天竜川編




haruse春瀬ロゴ_convert_20160504121854





ここにきて、このサイズの釣果が続いてます。
 
北陸からの

  浜田さんから写真が届きました。


そのままアップ!

久しぶりに釣果を満喫  

       それに子持ち鮎 


子持ち鮎の塩焼き
     ちょっとしたことですが・・釣りきった鮎です。  
               つかの間の贅沢を味わってください。
1473587551325_convert_20160912222342.jpg


このサイズの釣果が続いてます。

1473587568687_convert_20160912222417.jpg

時間を作って・・・チャレンジ行きたいです。

      忘れ物してきたような気がしたままだから・・・。


春瀬工藝鮎エサ釣り釣行記     でか鮎編




haruse春瀬ロゴ_convert_20160620113916